掃除のしやすいトイレがいい!?トイレリフォームのポイントや流れを知ろう!

トイレのリフォームをする時、使いやすさや見た目・価格など、さまざまな項目をチェックしてから検討します。使いやすさの項目では、便器を使用する時だけでなく、掃除のしやすさもポイントです。掃除しやすいトイレを定期的に綺麗にしていけば、長持ちさせられるでしょう。

これから、トイレリフォームのポイントや流れをご紹介します。

まずは、トイレの種類を知ろう!

トイレの種類は「タンクレストイレ」「組み合わせ便器」「一体型トイレ」の3つがあります。タンクレストイレは、トイレスペースの中にタンクがないものです。シルエットがスタイリッシュで、シンプルなトイレ空間になります。

タンクレストイレのメリットは、空間が広くなることです。また、タンクがないことで汚れやホコリが溜まる部分も少なく、掃除がしやすくなっています。他のタイプと違い、水を連続で流せる仕組みで1回に使用する水量も少ないです。

しかし、タンクレストイレは価格が高めなのにも関わらず、手洗い機能などを付けられません。手洗いが欲しい場合は、トイレのスペースに別で設置することになるでしょう。故障をした時も、全ての交換が必要です。組み合わせ便器タイプとは、便座を後付けするものです。

タンクと便座を組み立てるもので、多くの家庭で使われています。組み合わせ便器タイプのメリットは、本体価格が安いことです。また、便座を自由に選べるため、ウォシュレット付きなど希望する機能の便座を取り付けられます。

さらに、故障してしまった時には、便座だけを交換することも可能です。便座のみの交換なら、リフォームでのコストを抑えられるでしょう。しかし、タンクが置かれるスペースを用意しないといけません。トイレのスペースによっては、タンクがあることで狭く感じてしまいます。

タンクの後ろなど、掃除しにくい部分も多いです。一体型トイレとは、便座とタンクが一緒になっているものです。組み合わせ便器よりはシルエットが小さく、掃除しやすくなっています。また、タンクの上部に手洗い部分をつけることも可能です。

しかし、タンクと便座が一体化しているため、故障してしまった時は全てを交換することになります。全てを交換すると、費用がかかるだけでなく、工事の範囲や手間も多くなるでしょう。一体型トイレは掃除のしやすさがメリットですが、故障した時の手間が大きいのです。

トイレリフォームのポイント1「機能性を確認する」

設置するトイレを選択する時は、機能を確認するといいでしょう。具体的には、ウォシュレットや温風乾燥機能・節水機能などがあります。蓋を自動で開閉するタイプは手を汚しやすい人に最適で、自動で流れるトイレも人気です。

また、衛生面では汚れ防止として抗菌水を噴射する機能、イオンを使って臭いを除去する機能もあります。さらに、温水便座にすると、便座やウォシュレットから出る水の温度調整が可能です。

トイレリフォームのポイント2「掃除のしやすさを確認する」

トイレを選ぶ時は、掃除のしやすさで選択するのも一つの手段です。トイレのタイプは3つあり、一番掃除がしやすいのはタンクレストイレになります。シンプルな作りになっているので、便器の中だけでなく外も掃除しやすいでしょう。

次に掃除しやすいのが一体型トイレで、最も掃除しにくいのが組み合わせ便器タイプです。また、トイレ本体の種類だけでなく、形も確認する必要があります。

便器では水を流すと内面を掃除できるデザインや、除菌加工や汚れがつきにくい加工をしている便器も多いです。

水垢や輪じみを予防するためには、掃除しやすい形や加工の有無を確認するといいでしょう。タンクがある場合、デコボコ模様が少ないタイプの方が掃除しやすくなっています。模様をデコボコ加工でつけているタンクは、見た目はお洒落ですがホコリは溜まりやすいです。

また、便器の淵やウォシュレットにも、汚れはついていきます。よって、便器の淵が平らなタイプなど、シンプルな形を選択するといいでしょう。ウォシュレットのノズルは、使用後に自動洗浄するタイプだと、汚れが溜まりにくくなります。

トイレリフォームのポイント3「親身になってくれる業者を選択する」

トイレリフォームをする場合、依頼する業者選びが大切です。まずは設置したいトイレを選択してから、そのメーカーに頼む方法があります。また、水道工事業者やリフォーム会社など、対応している業者はさまざまです。複数の業者に見積もりを出してもらい、提示価格を確認してみるといいでしょう。

トイレリフォームの料金相場は約30万円~40万円ですが、トイレ本体の価格が高い時や大がかりな工事が必要な場合は、約50万円~100万円ほどかかります。

提示価格を確認する時は料金相場と比較しながら、料金に含まれている内容を把握するといいでしょう。オプションの追加料金がかかることもあります。さらに、元のトイレを確認しないまま見積もりを出す業者は注意が必要です。

トイレの状態を確認しないで見積もりをすると、工事費などの追加料金を取られる可能性があります。

工事を下請けが行う場合もあるため、工事は誰がやるのかの確認も大切です。また、アフターフォローで数年の保証がある業者は信頼できます。つまり、トイレリフォームに親身になってくれる業者を選択するといいでしょう。

トイレリフォームの流れとは?

トイレリフォームをする時は、最初にリフォームを依頼する業者を決めます。次に、設置するトイレの種類を選択しましょう。見積もりを依頼し、トイレリフォームにかかる料金を把握することも大切です。見積もりでは、業者のスタッフが訪問して確認します。

スタッフが直接訪問することで、どのタイプのトイレを設置できるか判断することが可能です。場合によっては設置できないトイレもあり、大がかりな工事が必要になる場合もあるでしょう。見積もり内容に納得したら契約をして、工事の日を決めます。

トイレリフォームを行う日は、申込者や家族が家で待機します。トイレリフォームの工事自体は約1時間~2時間で終了しますが、床や壁の張り替えをする場合は、さらに1時間~3時間が必要です。

最初に元のトイレを撤去し、配管と接続している部分を取り外します。水道の元栓を止める必要があり、キッチンや洗面所などの水が使えなくなるので注意しましょう。次に新しいトイレを設置し、排水や給水部分の接続をします。

トイレ本体の交換が終わったら、水漏れなどの確認や床・壁の張り替えをして終了です。リフォーム工事の際、工事保証書やトイレ本体の保証書は必ずもらっておきましょう。